気候変動の防止のためのクリーンなオペレーション

2050年までに排出量を正味ゼロにするというミッション(「ミッション2050」)を掲げ、気候変動の防止のために クリーンなオペレーションを目指しています。私たちは、2030年までに温室効果ガスの排出量を削減するという目標を掲げています。私たちは、SBTi(科学的知見と整合した削減目標設定のイニシアティブ)を通じてパリ協定に沿った排出量目標を設定することを約束し、そのを達成するために70億ユーロを投資することで、この目標を実現します。この投資により、持続可能な航空燃料の使用を増やし、すべての新しい建物をカーボンニュートラルを念頭において設計し、グリーン製品の包括的なポートフォリオを提供し、ラストマイル配送の60%を電化します。2030年までには、8万台以上の電気自動車を走行させる予定です。

 

気候変動の防止を目的とするクリーンなオペレーションに向けた主要な手段

私たちの目標

私たちは2030年までに70億ユーロを投資して、当社の温室効果ガス排出量を2030年までに2900万トン未満に抑え、これにより、SBTi(科学的知見と整合した削減目標設定のイニシアティブ)を約束します。私たちは、以下の目標により、当社の目標を達成します。

持続可能な航空事業

>2030年までに、Expressおよびグローバル貨物輸送事業において、持続可能な航空燃料の使用量を30%に増やすこと

グリーンラストマイル配送とラインホール

2030年までに私たちのラストマイル配送の60%を電化します

カーボンニュートラルな建物

すべての新しい建物をカーボンニュートラルを念頭においた設計にします

グリーン製品のポートフォリオ

私たちの主力製品やソリューションのすべてにグリーンの代替商品を提供すること