DHLサプライチェーン、富士通のスーパーコンピューターの搬入を完了

プレスリリース:東京、2020年6月25日

DHLサプライチェーンは、性能ランキング世界一を獲得したスーパーコンピュータ「富岳」本体の保管、および神戸市にある理化学研究所のセンターへの輸送と搬入をメインに、エンドツーエンドで物流サービスを提供

コントラクトロジスティクス業界のグローバルリーダーであるDHLサプライチェーン株式会社(本社:東京都品川区/代表取締役社長:ヨンファ(アルフレッド)・ゴー)は、スーパーコンピュータ「富岳」本体432台を、兵庫県神戸市にある理化学研究所(以下、理研)の計算科学研究センターまで輸送し搬入しました。「富岳」は世界最先端・最高アプリケーション性能を目指し富士通と理研が共同開発したスーパーコンピュータ(2021年の供用開始を予定)で、ISC2020のTOP500、HPCG、HPL-AI、ならびにGraph500性能ランキングにおいて世界一を獲得し、史上初の4冠を達成しております。

DHLサプライチェーンの代表取締役社長、日本・韓国CEOであるヨンファ(アルフレッド)・ゴーは次のように述べています。「非常に重要なプロジェクトにおいて物流サービスパートナーとして無事役割を果たせた事を心から喜んでいます。これだけの規模と重量の超精密製品を輸送・搬入するために、非常に高いスキルと細心の注意が求められました。また、政府による緊急事態宣言の期間中は、移動制限等による影響を最小限に抑えるために、迅速且つ柔軟な対応を取る必要がありました。DHLは状況変化による複数回のスケジュール変更に対応しつつ、精密機器の温度管理輸送の専門知識を生かし、300kmを超える距離を傷一つ付けずに輸送するという任務を果たしました。」

「富岳」の本体は1台あたり約1.6トンあり、6ヶ月間にわたって輸送された貨物の総重量は約700トンに達しました。国内市場では要件を満たす車両が限られている困難な状況の下、重量物に対応可能な特殊車両を確保するために、DHLはリソースとネットワークを駆使して対応する必要がありました。また、ドアツードアで完全な状態のまま輸送し搬入できるよう、富士通と共同プロジェクトを通じて検証を重ね、石川県にある富士通ITプロダクツ笠島工場から兵庫県神戸市の理研施設に至るまでの保管および輸送プロセス全体の温湿度管理と振動対策を徹底しました。

富士通株式会社の理事・グローバルサプライチェーン本部長、山西 高志は次のように述べています。「2021年から本格運用が開始される「富岳」は、その計算処理能力により、社会的課題解決のための革新的な研究、また新型コロナウィルス関連の研究プロジェクトに貢献することが期待されています。その「富岳」の輸送にあたっては、それを切れ目なく実行できる専門性と知識を備えた適切な物流パートナーとの連携が不可欠であると当初から認識していました。DHLとは2004年からパートナーシップを組んでおり、本プロジェクトの成功を担保するために、必要かつ適切な対策を講じてくれるであろうと信頼を寄せていました。弊社期待通り無事に輸送を完了していただいたことに関係者を代表して感謝申し上げます。」