ナビゲーションとコンテンツ

 

 

個人情報の取扱いの範囲

ドイツポストAGと、その傘下で事業を展開しているDHL(以下、「DHL」)は、お客様の当ウェブサイト訪問を歓迎いたします。当社およびその商品とサービスに関心をお寄せいただきありがとうございます。事業プロセス全体を通して、サプライヤーの皆様の個人情報を保護することは、当社にとって重要なことです。 

DHLのウェブサイト訪問時にDHLが収集する情報、およびその情報の取扱い方法について下記のとおり説明いたします。

本個人情報の取扱いは、別途個人情報の取扱いで定めない限り、DHLのサービス、ウェブサイト、アプリケーション、機能、または世界中でDHLが提供するその他のサービスのすべてのユーザーに適用されます。 本個人情報の取扱いの適用対象は、下記のカテゴリに属する個人です。

  • 荷送人:荷送人(その従業員を含む)または荷物を発送する個人
  • 受取人:荷物を受け取るあらゆる個人
  • DHLおよびそのサービスに関心のある個人
  • ビジネスパートナー:ビジネスパートナー(その従業員を含む)
  • 採用応募者:DHLの求人に応募する個人

 

上記の対象者はすべて「お客様」と総称します。

 

個人データとは何か?

個人情報とは、特定された自然人、または識別可能な自然人(「データ主体」という)に関する情報を意味します。識別可能な自然人とは、直接的または間接的に、特に名前、識別番号、位置情報、オンライン識別子、または自然人の身体的、生理学的、遺伝的、精神的、経済的、文化的、社会的アイデンティティに特有の1つ以上の要素を参照することによって識別可能な人を指します。これには、本名、住所、電話番号、生年月日などの情報が含まれます。お気に入りの Web サイトやサイトのユーザー数など、実際の ID に関連付けることができない情報は、個人データとはみなされません。

  • このプライバシー通知は、下記が実行するデータ処理に対して適用されます。

    ドイツポスト株式会社
    Charles-de-Gaulle-Str. 20
    53113 Bonn
    ドイツ


    データ管理者のデータプロテクションオフィサー、連絡先:

    ドイツポスト株式会社
    グローバルデータ保護
    53250 Bonn

    個人情報の取扱いについて不明な点がある場合は、データ プロテクション オフィサーにお問い合わせください。

    DHLのウェブサイト、またはそのウェブサイトで提供されるサービスに関連するデータ保護についてご不明な点がある場合は、データ保護部門までお問い合わせください。


DHLが処理するデータの種類

特定の目的または許可された目的のために必要な場合にのみ、お客様の個人データを処理します。 

連絡先データ

お客様がDHLのサービスのいずれかを利用する場合など、お客様に連絡するための情報 

例:お客様のお名前、電話番号、ご住所、メールアドレスなど

プロファイルデータ

お客様のDHLプロファイルに関する情報(配送の指定を設定する場合など)

例:配送の指定、指示など

荷物に関するデータ

荷物の集荷および配送を可能にする情報(荷物のステータスなど)

例:お客様のご住所、送り状、荷物番号など

調査に関するデータ

お客様がカスタマーサービスに連絡した際などに、お客がDHLの従業員に伝達した情報、またはオンライン調査に入力した情報

例:お客様のお名前、メールアドレス、電話番号など


個人データを処理する目的と法的根拠は何か?

  • DHLは、DHL ウェブサイト利用者の個人情報を保護することをお約束いたします。DHLウェブサイトを訪問する際には、下記のデータが収集されます。IP アドレス、アクセスしているパソコンのホスト名、当 Web サイトにアクセスする直前にいた Web サイト、弊社から見渡せるインターネット上の範囲内でこれまでにアクセスしたサイトのリスト、アクセスの日付と滞在時間、アクセスが成功したかどうかの通知、 転送データ量、ブラウザ種別やお客様ご利用のOSに関する情報のうち識別データに関わる情報。  Web サイトをお客様にお届けするため、Web サイトにアクセスいただいているあいだは、このようなデータを一時的に保存する必要があります。Web サイトの機能と、弊社の IT システムのセキュリティを確保するため、さらにログファイルにも保存されます。 上記のデータカテゴリを処理する法的根拠は、EU一般データ保護規則(GDPR)の第6章(1)(f)で説明しています。これらを目的とし、DHLでは特に安全性と円滑な接続設定を保証すべく、正当な利害関係を持って本データを処理します。

    お客様のお名前、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報は、自発的に提供されたもの(たとえば、登録、調査、懸賞応募、情報要求等の一部として、オンラインでの問い合わせフォームに記入されたもの)でない限り、収集されることはありません。

    データは、収集目的を達成する必要がなくなった時点で、削除されます。Web サイトをお届けすることが目的の場合は、閲覧が終了した時点となります。ログファイル(アクセスログ)は、管理者が直接かつ排他的にアクセスできるよう24時間保存されます。その後、バックアップテープからの復元により間接的にアクセス可能な状態となり、30日後に完全に削除されます。

    OSのブラウザーに使用可能なジオローカリゼーション機能があれば、位置情報サービス({ut}例、最寄の場所、パッキングステーション等)を提供するために本データを使用します。ジオローカリゼーションの法的根拠は、各機能を有効化することで行われるGDPRの第6章(1)(a)に基づくお客様の同意です。DHLは、その他目的のために本データは使用しません。本機能を無効にするとお客様のデータはやがて削除されます。

  • 当ウェブサイトは、Cookieその他類似するテクノロジー(以下「テクノロジー」)を使用します。このようなテクノロジーにより、DHLは、たとえば、DHLのインターネットページの訪問回数や訪問者数を把握する、できる限り便利で効率的なサービスをご案内できるようにお客様ごとの設定をカスタマイズする、DHLのマーケティング活動をサポートするなどが可能になります。

    お客様がDHLのウェブサイトにアクセスすると、 プライバシープリファレンスセンター から、技術的に必要なCookieが設定されること、さらに、分析用Cookieまたは類似するテクノロジーなど、特定のテクノロジーの使用にはお客様の同意が必要であることが、お客様に通知されます。

    技術的に必要なCookieによるデータ処理は、DHLのウェブサイトをできる限り便利にお使いいただけるようにすること、DHLのウェブサイトが正しく動作すること、便利なユーザー体験の中断のない提供を担保することを目的とする、GDPRの第6章(1)(f)によるDHLの正当な利益に基づくものです。このようなCookieは、お客様がDHLのウェブサイトを閲覧している間のみ保存されます。ブラウザを閉じると、保存情報は自動的に削除されます。

    さらに、 プライバシープリファレンスセンター から、DHLのインターネットページに繰り返しアクセスする訪問者の情報を保存するために、DHLが他のテクノロジー (パフォーマンス、機能的、および分析用テクノロジー)を使用していることが通知されます。このようなテクノロジーを使用する目的は、お客様に最適なガイダンスを提供し、お客様を"識別"することで、繰り返し使用する場合に異なるインターネットページや新しいコンテンツを(可能な限り)提供できるようにすることです。 このようなテクノロジーは、GDPRの第6条(1)(a)に基づきお客様から事前に同意いただいた場合にのみ処理されます。

    同意を取り消すためのオプションを含め、詳細は、 プライバシープリファレンスセンター をご覧ください。

    プリファレンスセンターに記載されている情報にかかわらず、上記のとおりお客様がCookieおよびその他のテクノロジーの使用に同意した場合にのみ、DHLはこれらのテクノロジーを下記の目的でも使用します。

  • 1. はじめに

    Deutsche Post AG(以下「DHL」といいます)は、ソーシャルメディア上の当社ページにアクセスいただき、また当社および製品・サービスに興味をお持ちいただいていることに感謝申し上げます。以下では、お客様がソーシャルメディア上の当社ページにアクセスする際に適用される、データ保護に関連する特定の問題についてお知らせしたいと思います。

    • ソーシャルメディア上の当社ページは、適用される使用条件に従って、各ソーシャルメディアプラットフォーム運営者によって利用可能にされているものです。各プラットフォーム運営者は、このプロフィールの技術的な運用について、単独で責任を負っています。
    • DHLが単独で責任を負っているのは、DHLがこのページ上に投稿するコンテンツ(会社、製品・サービス、懸賞、キャンペーンに関する情報など)および当社プロフィールの閲覧者とのやり取りです。
    • ソーシャルメディアプラットフォーム運営者は、同プラットフォームのITインフラ全体を運営しています。当該運営者のプライバシーポリシーはユーザーに公開されており、各プラットフォームの登録ユーザーと独自かつ別個の関係があります。ソーシャルメディアプラットフォーム運営者は、お客様のユーザープロフィールに関わるすべてのデータ保護項目に単独で責任を負っており、その部分について当社はアクセスできません。
    • 当社は、データ収集を行うソーシャルメディアプラットフォーム運営者によるデータ処理に影響を及ぼすことはできません。さらに、当社は、ソーシャルメディアプラットフォーム運営者が個人データを保存する範囲、目的、期間に関して、また場合によっては分析、リンク、第三者への転送に関する情報を持っていません。
    • お客様の個人データは、特定の状況下では、欧州連合/欧州経済領域以外でも処理される可能性があることにご留意ください。この場合は、適切なレベルのデータ保護が保証されず、データ主体の権利を主張する能力が制限されるため、ユーザーにとってデータ保護リスクが生じる可能性があります。
    • 各ソーシャルメディアのプライバシーポリシーおよびcookie(クッキー)ポリシーをご覧いただくと、当該ソーシャルメディアプラットフォームのデータ処理活動や、ソーシャルメディアプラットフォーム運営者に対するご自分の権利行使の方法をご確認いただけます。

      Facebook

      Instagram

      X

      LinkedIn

      YouTube

      TikTok
    • DHLに直接、つまりソーシャルメディアプラットフォームを介さないお問い合わせをご希望の場合は、当社ウェブサイト上の「お問い合わせ」をご利用ください。

    2. データ管理者およびデータ保護責任者への連絡

    DHLは、以下のソーシャルメディア上の当社ページにおいて、投稿する情報およびその責任範囲内のデータ処理に関するデータ管理者です。

    ページインサイトの一部としての個人データの処理に関する限り、以下のプラットフォーム運営者は、当社とともに、データ処理について共同責任を負います。共同データ処理は、一般データ保護規則(GDPR)第26条に基づく共同管理者間の合意に基づくものです。

    3. 処理の目的と法的根拠

    3.1. ソーシャルメディア上の当社ページに関連するデータ処理

    当社は、ソーシャルメディア上の当社ページを活用して、会社、製品・サービス、キャンペーン、懸賞などについての情報をお客様にお知らせし、また、様々なテーマに関してお客様とやり取りを行い、お客様からのお問い合わせに対応します。この関連で行われるデータ処理は、GDPR第6条第1項(f)に従い、当社の正当な利益を保護するために行われます。当社の正当な利益は、広報活動および情報伝達にあります。

    ソーシャルメディアプラットフォーム運営者は、コメント、「いいね」、画像、動画など、お客様が当社のプロフィールに提供した情報を公開し、当社はこの情報を上記の目的のためにのみ処理します。当社は、必要な場合に違法なコンテンツを消去する権利のみを留保します。これは、例えば、法律の侵害に当たる投稿や違法な投稿、ヘイトコメント、示唆的なコメント(明示的に性的な内容)、添付ファイル(画像や動画など)、場合によっては著作権、プライバシー権、刑法、またはDeutsche Post AGの倫理規定に違反するような投稿が該当します。

    また、懸賞の開催や処理のためにデータが収集されることもあります。処理されるデータ、および処理の目的などの詳細は、それぞれの懸賞のプライバシー通知および利用規約で確認できます。

    お客様が当社と個人データの交換を希望される場合は、当社の カスタマーサービス宛てにご連絡いただくことをお勧めします。 

    3.2. 統計的な目的でのページインサイトのデータ処理

    Facebook、Instagram、およびLinkedInのソーシャルメディアプラットフォーム運営者は、ページインサイトを提供しており、これについて、当社はプラットフォーム運営者とともに共同で責任を負っています。ページインサイトは、特定のイベントの結果として生成される匿名の統計で、お客様のようなユーザーが当社のソーシャルメディアプロフィールとやり取りする際に、cookieおよび類似の技術を通じてソーシャルメディアプラットフォームによって追跡されるものです。当社は、個人データを含まないページインサイトを使用して、どんなコンテンツがどんなグループによって特にアクセスされているかを確認することができます。これにより、当社はソーシャルメディア上の当社ページを最適化することができます。このことは、実施される処理に対する当社の正当な利益です。ページインサイトに関するデータ処理の法的根拠は、GDPR第6条第1項(f)です。データ処理は、お客様がソーシャルメディアプラットフォームにログインしていること、または登録していることとは無関係に行われる場合もあることを指摘しておきたいと思います。当社は、ソーシャルメディアプラットフォームにおけるcookieおよび類似の技術の使用に影響を及ぼすことはできません。この点に関して言及しておきたいことは、ソーシャルメディアプラットフォームのそれぞれのcookieバナーを介して、関連するデータ処理に関する設定を変更できる(同意する、または同意しない)という、ユーザーとしての能力があることです。 

    3.3. ソーシャルメディアのモニタリング

    私たちは、当社事業、製品・サービスがどのように閲覧されているかを把握し、それに基づく改善の可能性を特定するために、ソーシャルメディアのモニタリングを使用しています。これには、使用されているチャネルリンクと関連するハッシュタグリンクに基づいて、ソーシャルメディアプラットフォーム上の投稿を分析することを伴います。このために使用されるのは、お客様が完全な一般公開を許可した投稿のみです。ソーシャルメディアのモニタリングの一環として個人データを処理する法的根拠となるのは、GDPR第6条1項(f)です。というのも、私たちは、当社製品・サービスにおいて起こりうる欠陥を、自由に利用できる数々の記述の中で特定し、適切に対応するという正当な利益を有しているからです。 

    4. データ主体の権利

    お客様は、このプライバシー通知に記載されているお客様の権利の行使に、当社のお問い合わせフォームをご利用いただけます。

    お客様が、データ主体としての権利をソーシャルメディアプラットフォーム運営者に対して行使することをご希望の場合は、ソーシャルメディアプラットフォーム運営者が提供する照会オプションをご利用ください。当社がソーシャルメディアプラットフォームの責任範囲内に相当するお問い合わせを受けた場合は、そのお問い合わせが処理されるように、ソーシャルメディアプラットフォームに転送します。

    5. 保存期間

    お客様のデータが保存される期間は、その処理の特定の内容に依拠し、またデータ保護法によって課されているパラメータに基づくものとします。お客様が当社プロフィールに対して送信したすべての公開投稿は、無期限に当社のプロフィールに残ります。ただし、当社が元の投稿の更新、法律違反または当社ガイドラインの侵害に基づいて、投稿を消去する場合はこの限りではありません。もちろん、お客様はいつでもご自身の投稿、コメントなどを消去することが可能であり、または当社に消去を求める権利を行使することもできます。

    ソーシャルメディアプラットフォーム運営者がお客様のデータを消去する場合は、当社はこの消去に対して何の影響力もないため、それぞれのプラットフォーム運営者のプライバシーポリシーをご参照ください。

契約の履行

契約前および契約上の理由から、弊社サービスを提供し、お客様との契約内容を順守するために、お客様データが必要となります。

dhl.comでは、下記のサービスを提供しています。

  1. お見積り
  2. DHLをビジネスでご利用のお客様
  3. 追跡&トレース
  4. 今すぐ発送
  5. カスタマーサービス
  •  お見積もり サービスのいずれかをご利用いただきますと、DHLからメールまたはお電話で回答いたします。お客様のお住まいの国によっては、またDHLの適切なエキスパートチームまたはツールにお客様をご案内するために、発送するお荷物がパーセルまたは書類か、貨物 / 輸送か、国際ビジネスメールか、およびビジネスのお客様か個人のお客様かをお尋ねします。 

    この情報に基づいて、お客様からのご依頼はDHLのビジネス部門  [DHL Express、 DHL Global Forwarding、 DHL Freight、 DHL eCommerce 、DHL Paket]に転送され、すぐに担当のビジネス部門から、お客様のご依頼に最適なサービスの価格と詳細を記載した製品カードが届きます。また、市区町村、郵便番号を含む発送元および配送先の国(できる限り正確なお見積りを提示するために、発送元と配送先のおおよその情報が必要です)、荷物の重量と寸法をお伺いすることもあります。さらに、ご依頼によっては、荷物の数量、書類や危険品が含まれているか、パレットか積み重ね可能かをお伺いすることもあります。また、この情報はDHLのビジネス部門  [DHL Express、 DHL Global Forwarding、 DHL Freight、 DHL eCommerce、 DHL Paket] にも転送され、荷物とオプションのアドオンに関する価格と詳細を記載した製品カードがすぐに届きます。

    [予約を続行]をクリックすると、担当ビジネス部門の 予約ツールシステム[MyDHL+、 myDHLi、 MyDHL Parcel]に転送されます。そのため、dhl.comでは、基本的にお見積もりサービスの個人データを収集またはその他の方法で処理することはありません。ただし、それにもかかわらず、市区町村および郵便番号などのデータが個人情報と見なされる場合、この処理の法的根拠は、契約が進行中であること(GDPRの第6条(1)(b))およびDHLのサービスをできる限り正確に提供するという正当な利益(GDPRの第6条(1)(f))です。

    法令や契約に基づいて、一定の保存期間を遵守する必要がない場合、お客様からのご依頼は、適切に処理を行った証拠として、また、今後の業務改善を目的として、担当ビジネス部門のもとで最大30日間保存されます。dhl.comでは、お客様が安全な配送サービスを使用し、保存期限に達する前にご自身で削除しない限り、当該データは最大30日間保存されます。

  •  DHLをビジネスでご利用のお客様 の場合は、配送先、数量、および配送の頻度についてお尋ねします。この情報とお客様の配送のニーズに基づいて、お客様のご依頼はDHLのビジネス部門[DHL Express、 DHL Global Forwarding、 DHL Freight、 DHL eCommerce、 DHL Paket]  に送信され、お客様の要件に最適なサービスを提供するビジネス部門に割り当てられます。また、お客様にできる限り迅速に連絡できるようにするために、お客様の勤務先の名称、お客様の氏名、勤務先住所、および電話番号もお伺いします。さらに、このデータは、契約を締結する前や契約を履行するために必要なため、担当ビジネス部門にも転送されます。この処理の法的根拠は、GDPRの第6条(1)(b)で説明しています。

    法令や契約に基づいて、一定の保存期間を遵守する必要がない場合、お客様からのご依頼は、適切に処理を行った証拠として、また、今後の業務改善を目的として、担当ビジネス部門のもとで最大30日間保存されます。

  •  追跡とトレース サービスを使用すると、お客様宛の荷物またはお客様が発送した荷物を追跡し、配送の予想日時を確認できます。この目的のために、追跡情報は担当ビジネス部門 [DHL Global Forwarding、 DHL Freight、 DHL eコマース、 DHL Supply Chain]に送信され、荷物のステータスがわかるようにします。お客様にも、担当ビジネス部門から、配送に関する重要な詳細情報が届きます。さらに、荷送人または受取人も、メールまたはSMSで配送に関する詳細情報を受け取ることができます。この目的のために、通知の受信者のメールアドレスまたは携帯電話番号を保存することができ、通知を有効にすることができます。これに関連して、データを入力する個人は、通知の受信者がメールアドレス、携帯電話番号、および通知の処理に同意することを確認する必要があります。

    荷物の追跡の一環として、下記のデータが処理されます。荷物番号、荷送人の氏名および住所、受取人の氏名および住所、荷送人 / 受取人のメールアドレス(該当する場合)、荷受人の顧客データ、製品またはサービス名、配送履歴、受取人の署名、最低年齢の確認(16歳以上 / 18歳以上)。

    これらのデータは、GDPRの第6条(1)(b)に基づく契約の履行を目的として処理されます。

    利用者の利便性を高めるために、荷物の追跡を使用する際には、DHLは自動的に荷物検索で直近の荷物番号を検索してリストを作成します。この機能により、お客様は荷物の配送ステータスを確認する際に荷物番号を再入力する必要がなくなります。これに関連して、お客様は個々の荷物に名前を設定することができます(以下「荷物名」")。この目的のために、アプリケーションは、Cookieに前回の荷物検索のリストを保存します。 

  •  今すぐ発送 サービスを使用すると、DHLのビジネス部門[DHL Express、 DHL Global Forwarding、 DHL Freight、 DHL eCommerce、 DHL Paket]のさまざまなポータル(MyDHL+、DHL eCommerce Web Portal、my DHLi、DHL Interactiveなど)にアクセスできます。また、ゲストとして続行することもできます。その場合は、配送ニーズに最適なビジネス部門に転送されます。いずれの場合も、DHLがこの段階でお客様の個人データを処理することはありません。再配達をスケジュールする場合も、同じことが当てはまります。荷物に関する質問に答えると、お客様は当社のさまざまなカスタマーポータル に転送されます。ここで、再配達を詳細に手配できます。

  • ご不明な点がある場合はいつでも、DHLの カスタマーサービスを通じてお問い合わせいただくことができます。担当ビジネス部門によって、お客様は担当ビジネス部門のウェブサイトに直接転送されるか、または事前にお問い合わせフォームに入力するよう求められ、その情報が担当ビジネス部門に転送されます。このときに入力するのは、お客様参照番号、お客様の氏名、勤務先の名称、住所、電話番号、国 / 地域、および産業セクターです。この処理は契約の準備または履行を目的とするため、その法的根拠はGDPRの第6条(1)(b)になります。また、お客様はDHLへのお問い合わせを目的として自発的にデータを提供しているため、お客様の同意は、GDPRの第6条(1)(a)によるもう一つの法的根拠となります。

    これに加えて、お客様には、DHLのサービスに関するプロモーションのメールに同意するオプションもあります。この目的のために、DHLは、お客様の連絡先データをDHLのビジネス部門[DHL Express、 DHL Global Forwarding、 DHL Freight、 DHL eCommerce、 DHL Paket] にも転送します。この法的根拠は、GDPRの第6条(1)(a)に基づく、お客様の同意となります。

特定の業務やサービスに関するデータ保護の詳細については、担当部門のカスタマーポータルや該当する地域の個人情報の取扱いでご確認いただけます。


広告目的のデータ処理

お客様がDHLのウェブページを訪問すると、DHL、およびDHLのサービスやイベントに関するさまざまな情報が提供されます。特に、DHLに関する下記の情報を入手することができます。

  1. イベント& ウェビナー
  2. Delivered.
  3. Spotlight
  4. ニュースレター
  • お客様がDHLの イベント や ウェビナーのいずれかに参加を希望された場合、該当する登録ページにリダイレクトされます。この登録ページで基本的に収集する個人データは、お客様の氏名、メールアドレス、およびDHLの主な担当者です。関連する産業セクターによっては、お客様の勤務先の名称、勤続年数、過去にDHLとの取引されたことがあるかどうかもお尋ねすることがあります。この処理は契約の履行(イベントへの出席)を目的とするため、その法的根拠はGDPRの第6条(1)(b)になります。

  • ここでは、DHLのサービスに関するプロモーションのメールに同意するオプションがあります。この目的のために、DHLは、お客様の連絡先データをDHLのビジネス部門[DHL Global ForwardingDHL FreightDHL eCommerce、 DHL Supply Chain]にも転送します。この法的根拠は、GDPRの第6条(1)(a)に基づく、お客様の同意となります。購読を停止される場合は、Spotlightメールの下にある該当リンクをクリックしてお知らせください。なお、同意の取り消しを希望される場合は、DHLが提供する連絡先にお申し出ください。

  • DHLの最新情報を得るためにDHL Spotlight を購読する場合は、お客様のメールアドレスのみを収集しますが、これ以外の目的には使用いたしません。この法的根拠は、GDPRの第6条(1)(a)に基づく、お客様の同意となります。購読を停止される場合は、Spotlightメールの下にある該当リンクをクリックしてお知らせください。なお、合意の取消しをご希望する場合は、提供する連絡先宛にお申し出ください。Spotlightの購読を停止した場合、または同意を取り消した場合、関連するお客様情報は配信リストから削除、またはブロックされ、これらの配信を目的とした利用から除外されます。

    前述の規定にかかわらず、すでにDHLをご利用のお客様の場合、DHLのキャンペーン、ニュース、サービス、業務に関する最新情報をお届けする目的で、お客様に連絡を差し上げるためにお客様の連絡先情報(お名前やご住所など)を処理する場合があります。GDPRの第6条(1)(a)に基づく既存の同意とは別に、DHLに関する情報や類似サービスに関する情報を提供する目的に限り、お客様のメールアドレスを処理いたします。DHLおよび類似製品に関する最新情報をお客様に提供するために前述の処理を行う法的根拠は、GDPRの第6条(1)(f)で説明しています。ダイレクトマーケティングの目的のための顧客データの使用は、正当な利害関係のために行われます。お客様は上記の取り扱いについていつでも異議を申し立てる権利があります。権利を行使するには、上記の"担当者は?"にある連絡先にご連絡下さい。

  • ニュースレターにご登録の場合、 ニュースレター配信のためお客様のメールアドレスを使用します。これらデータ処理に関する法的根拠は、EU一般データ保護規則(GDPR)の第6章(1)(a)で説明しています。購読を停止される場合は、ニュースレターの下にある該当リンクをクリックしお知らせください。なお、合意の取消しをご希望する場合は、提供する連絡先宛にお申し出ください。ニュースレターやメールマガジン等の購読停止や合意の取消しをされた場合、関連するお客様情報は配信リストから削除、またはブロックされ、これらの配信を目的とした利用からは除外されます。
    上記、配信リストからの除外に関しては(GDPR)の第6章(1)(f)で説明されています。今後、お客様へメールによる情報を配信しないよう徹底されます。

データの保存と第三者

  • DHL Groupには、世界中で活躍するDHLチームと同様にさまざまなキャリアチャンスがあります。220以上の国と地域に594,000人を超える従業員を擁するDHLは、人と人とをつなぎ、生活の向上に努めています。弊社での求人情報への応募詳細、 はこちらをご覧ください

  • DHLは、目的を達成するため、契約を履行するため、および法的義務に従うために必要な期間、お客様のデータを保持します。各国の適用法によって保存期間は異なります。

    目的、法律、または契約が認める場合、DHLはデータの保存期間を最小限に抑えるよう継続的に取り組んでいます。お客様の同意に基づき収集したデータは、お客様が同意を取り消すまで保存されます。

  • DHL は、お客様の個人データを第三者に共有、販売、譲渡、またはその他の方法で配信することはいたしません。法律で義務付けられている場合、契約を果たすうえで必要な場合、または、お客様が明示的に同意する場合を除き、将来的にわたって、これを行いません。たとえば、ある製品をご注文いただいた場合、ご住所やご注文に関するデータを、請負業者に引き渡す必要があります。特定の業務やサービスに関するデータ保護の詳細については、該当する カスタマーポータルでご確認いただけます。

    ただし、個人情報の取扱いおよびその前提となる各法的根拠で説明するデータ処理に関連して、DHLは下記のカテゴリの受信者にデータを移転します。

    • DHLグループ傘下の会社:DHLグループ、その傘下の法人、および共有サービスセンターの間で移転が必要です。その目的は、DHLのサービス( お見積もりサービスや複数回の配送サービスなど)を提供および改善することにあります。また、お客様との関係の管理、お客様の識別、お客様のご要望への回答、お客様のプライバシー権の遵守の目的で転送が行われる場合もあります。
    • 第三者のビジネスパートナー:第三者のビジネスパートナーへの転送は、適用法により求められる範囲や契約上の義務を履行する目的に限定されます。
    • 第三者の処理者:データ処理者は、GDPRの第28条で説明されているとおり、機密を厳格に守る契約上の義務を負っています。DHLは、そのような状況下で、お客様の個人データを保護する責任を負っています。ビジネスパートナーは、DHLの指示に従うものとし、これは、技術的対策、組織的対策、およびチェックと管理の手法により、保証されています。
    • 公的機関:適用法により転送が義務付けられています(荷物の処理中に法的義務を履行するためなど)。

    適用されるデータ保護関連法が認める場合に限り、お客様のデータは欧州経済領域(EEA)外の他のドイツポストDHLグループ傘下の会社、第三者のビジネスパートナー、または公的機関に移転されます。そのような場合、DHLは、お客様のデータが確実に転送されるように適切なセーフガードを整備するよう努めるものとします(たとえば、DHLでは、 拘束力のあるコーポレート規則、標準的な契約条項を定めています)。


データ主体の権利とは何か?

お客様には下記の権利があります。

どのような個人情報が保存されているかについての情報を要求することができます。

法律で許可されている場合、また既存の契約条件を遵守している場合に限り、ご利用者は当社に対して、ご自身の個人情報を訂正、削除、または停止を要求することができます。

ご利用者は、ご提供いただいた個人情報を、構造化され、一般的に使用され、機械で読み取り可能な形式で受け取ることを要求することができます。

監督当局に苦情を申し立てることができます。 

  • こちらからデータプロテクションオフィサーにご連絡いただくと、お客様ご自身の情報を取得することができます。

  • 異議を申し立てる権利は、GDPR第6条(1)項f)号に基づき、個人データのすべての処理に対して、適用されます。


データセキュリティについて

DHLは、お客様のデータのセキュリティが極めて重要であると考えています。お客様のデータを安全に保つためにさまざまな戦略、管理、方針、および対策を導入しています。常にセキュリティ対策を綿密に見直しています。ファイアーウォール、ネットワーク侵入システム、アプリケーションモニタリングなどの保護対策を使用しています。必要に応じて、お客様のデータを保存および移転する場合には、偽名化および暗号化技術を用いてお客様のデータを保護します。たとえば、お客様のデータは、一般の方がアクセスすることのできない、安全な運用環境の下で保存されています。場合によっては、お客様の個人データは、送信中にSSL(Secure Sockets Layer)技術によって暗号化されます。つまり、お使いのブラウザがSSLをサポートしている場合、お使いのコンピュータと DHL のサーバーとの間の通信には、認証済みの暗号化プロセスが使用されるということです。DHLの建物および認定データセンターでは、厳格な物理的アクセス管理体制を敷いています。

私たちはセキュリティ戦略の一環として、監査プログラムを導入し、DHLのシステムおよびサービスがDHL情報セキュリティポリシー、およびその延長上としてISO 27001規格を確実に遵守するようにしています。

さらに、DHLのサイバーディフェンスセンターによる従業員の定期的なトレーニングやインシデントシミュレーション演習の実施など(これらに限りません)、リスクを低減するために数多くの対策を行っています。

DHLにメールまたはお問い合わせフォームでご連絡いただく場合、送信された情報の機密性は保証されませんので、ご注意ください。(メール)メッセージの内容は第三者に読み取られる可能性があります。このため機密情報は郵送にてお送りいただくことをお勧めいたします。

  • 特定の業務やサービスに関するデータ保護の詳細については、該当する カスタマーポータルでご確認いただけます。

  • "「DHL Groupデータプライバシーポリシー」"は、いわゆる第三国へのデータ移転(適切な水準のデータ保護法規を持たない EU 圏外の国への個人情報の送信)に特に焦点を当てた、グループ全体のデータ処理基準を定めております。"DHL Groupデータプライバシーポリシー"について、さらに詳しくお知りになりたい場合は、下記の文書をダウンロードしてください。

    DHL Groupデータプライバシーポリシー

  • 日本にあるDHL各社(DHLジャパン株式会社、DHLサプライチェーン株式会社、DHL グローバル フォワーディング ジャパン株式会社。各社の住所及び代表者氏名は、最下部に記載のとおり。以下「DHL」とする)は、個人情報保護法に基づき、お客様の個人情報を保護いたします。DHLは、お客様に関する情報を次の目的のために収集し、他の目的に利用することはありません。

    1. お客様にご利用頂いた貨物運送取扱事業およびそれに附帯するサービスの履行やそれに付随する事務処理のため。
    2. DHLのサービスに関する顧客動向分析(取得した閲覧履歴やサービスの利用履歴等の情報を分析して、趣向に応じた新商品・サービスに関する広告を配信すること)もしくは商品開発等の調査分析のため。
    3. お客様に対して当社のサービス等に関する情報提供(DMやE-mail等)や販売促進を行うため。
    4. お客様からのお問い合わせにお答えするため。
    5. その他、貨物運送取扱事業およびそれに附帯するサービスに関連してお客様に連絡する必要が生じたときのため。
    6. 上記の利用目的を達成するために必要な情報処理システムの開発・改修のためのサンプルデータとして利用するため。

    DHLは、お客様から取得した個人データ(氏名、住所、性別、生年月日、電話番号、FAX番号、メールアドレス、送り状および通関書類記載事項等)を、日本におけるDHLグループ各社の管理責任のもとに、Deutsche Post DHL group companies (www.dp-dhl.com)と共同利用することがありますが、これらの会社以外の第三者に提供することはありません。

    次の場合については、ご本人より下記窓口までご連絡ください。

    1. DHLが保有する個人データの開示、訂正又は利用停止等の保有個人データにかかる請求(以下「保有個人データ開示等請求」という。)
    2. DHLの海外での個人データの取扱いに関する情報提供を希望される場合
    3. DHLが保有する個人データの安全管理のために講じた措置についての問い合わせ
    4. DHLの保有する個人データの取扱いに関する苦情

    なお、保有個人データ開示等請求については、書面にてご連絡ください。保有個人データ開示等請求への対応につきましては、1件につき1,000円(消費税込)を手数料として請求させていただきます。保有個人データ開示等請求に対しては、1ヶ月を目処に電磁的記録の提供による方法又は書面の交付(電子メールを含む)による方法により回答させていただきますが、場合により時間を要する場合もございますのでご了承下さい。 

    送付先:DHLジャパン株式会社法務部
    東京都品川区東品川1-37-8

    本個人情報保護方針は、事前の通知をすることなく、変更されることがあります。

    DHLジャパン株式会社
    東京都品川区東品川1-37-8
    代表取締役社長 カーン ザミール アハマド

    DHLサプライチェーン株式会社
    東京都品川区北品川4-7-35
    代表取締役社長 ジェローム・ジレ

    DHL グローバル フォワーディング ジャパン株式会社
    東京都墨田区堤通1-19-9
    代表取締役社長 カールステン ミカエリス

部門における個人情報の取扱いまたは条件


個人情報の取扱いの変更

DHLは、事前通知の有無にかかわらず、いつでもデータ保護ステートメントを変更する権利を保有します。変更については、定期的にサイトをご確認ください。DHL の Web サイトをご利用いただきますと、このプライバシー通知に同意したことになります。

本声明の最終更新日:

 2021年10月9日