ユーザーの皆様

お客様がご利用のブラウザでは、快適にご利用いただけない場合があります。

このままお使いいただけますが、快適なご利用のためMicrosoft Edge、Firefox、Google Chromeのご利用を推奨いたします。

DHLサプライチェーン、パタゴニアよりロジスティクス業務を受注し、サステナビリティを重視したソリューションを提供

プレスリリース: 東京、2022年4月14日

長年培ってきたファッション物流の専門知識と共に、サステナブルな新しい取り組みや価値を提供し、パタゴニアのビジネスの最適化をサポート

コントラクトロジスティクス業界のグローバルリーダーであるDHLサプライチェーン株式会社(本社:東京都品川区 / 代表取締役社長:ジェローム・ジレ)は、アメリカ・カリフォルニア州発の世界的なアウトドアアパレルブランドで、スタイルや機能性のみならず、サステナビリティに対する取り組みにおいてもパイオニアであるパタゴニア・インターナショナル・インク日本支社(日本支社:神奈川県横浜市、日本支社 支社長:マーティ・ポンフレー)よりロジスティクス業務を受注し、千葉県印西市に新たに印西ロジスティクスセンター・ウエストを開設しました。

印西ロジスティクスセンター・ウエストは、CO2排出量削減に向けたグリーンソリューションと従業員の福祉向上のためのアメニティを備えた先進的な倉庫施設の中に位置しています。2019年にDHLサプライチェーンが開設した印西ロジスティクスセンターの至近でもある事から、物量の成長と波動への対応を可能とする高い柔軟性を備えたオペレーションを提供することを目的とした、キャンパスコンセプトを実現できる立地でもあります。

倉庫施設の屋上には太陽光パネルが設置されており、現在その発電電力で倉庫オペレーションの消費電力の約3分の2を賄っています。DHLサプライチェーンでは、再生可能エネルギーのみを使用するカーボンニュートラル倉庫の実現を目指し、今後1年以内に代替エネルギー源の切り替えを予定しています。もう一つの主なポイントとして、梱包資材の廃棄物削減があげられます。カートンの再利用はもちろんのこと、ビニール製のシュリンクラップは使用後廃棄せずにリサイクル業者により新たなラップへと再生され、梱包で使用されるガムテープにはでんぷん糊を使用した紙製のものを採用することにより、ビニールのごみを最小限に減らし、梱包資材の紙のリサイクルを可能にするなどの取り組みを行います。

また、サステナビリティー専任担当者やサステナビリティーセンターを設置し、スタッフのサステナビリティー・ESGへの理解、参画、実践、地域コミュニティとの関わりの推進やDHLのボランティア活動、環境保全活動への取り組みの促進を揚げています。

DHLサプライチェーン代表取締役社長、日本・韓国クラスターCEOであるジェローム・ジレは「DHLサプライチェーンはすでに2018年よりアメリカにおいて、ロジスティクスサービスをパタゴニアへ提供しており、戦略的パートナーとして高い評価を得ています。海外でのベストプラクティスを展開しながら、日本においても能力を発揮し、価値を提供できることを大変光栄に思います。また、全ての人々のために持続可能な未来を実現する取り組みにおいてグローバルリーダーとなることを目指しているDHLサプライチェーンと、環境保全を長きに渡り重要視してきたパタゴニアが協働することで、共に物流業界のロールモデルとなることができると確信しています。」と述べています。

パタゴニア・インターナショナル・インク日本支社、日本支社 支社長、マーティ・ポンフレーは次のように述べています。

「“私たちは、故郷である地球を救うためにビジネスを営む。”という企業理念を持っています。ロジスティクスにおけるビジネスパートナーに求めるものは、ビジネスの成長サポートだけでなく、物流業界の変革を推進するコミットメントです。

多様化するカスタマーニーズに対して、最適にサポートできる物流能力と柔軟性を兼ね備えていること。環境負荷に対し、新たな取り組みや価値を提供できること。この二つに対する深い理解と具体的なアクションを会社全体でコミットしていることが、DHLサプライチェーンを選んだ理由です。」