E-Commerce

氷のように冷たく; 新しい梱包ソリューションが、新たな市場を築くまで

サプライチェーンに好機を見いだしたEコマースの起業家は、ゲームチェンジャーとして業界の形勢まで変えてしまう可能性があります。 コールドチェーンにおける長年の梱包問題を解決することで、Chillistickが突破口を開いて新たな市場を創造する際に、DHLがどのようにサポートしたのかご覧ください。

ドライアイスに秘められた、大きな可能性の発見

実験室が好きなマイク・アーシとクリス・ブキャナン...

実験室が好きなマイク・アーシとクリス・ブキャナン。 2人の化学エンジニアは、キャリアを通して実験やプロセスの検証、問題解決に長い時間を費やしてきました。2007年、彼らはビーカーや実験用バーナーでは解決できない、ロジスティクスの問題に気づきました。 それが新しい梱包ソリューションの開発や Chillistick 設立のきっかけとなり、現在では英国最大の独立系ドライアイス サプライヤーとなっています。

問題は何だったのか? ドライアイスの配送・輸送に向けた効率的な梱包ソリューション。

ドライアイスは固体状の二酸化炭素で、水よりもはるかに低い温度で凍結します (-78°C, -109°F)。 既存のコールドチェーン ロジスティクスでは、氷点下の温度を保ちながらドライアイスを輸送することは、簡単なことではありません。 もし配送に遅延が生じた場合、到着までに製品の半分が蒸発してしまう可能性があります。

難しい課題からチャンスを見いだすことが好きなマイクとクリスは、実験室で培った専門知識を活用し、この問題を解決しました。 こうして新たなビジネスが誕生。4年も経たないうちに、彼らの会社は英国最大のサプライヤーの1つになりました。

Chillistick - 英国最大のドライアイス製造業者&サプライヤー

60,000

1週間の生産能力(kg)

15,000

英国内の年間配送件数

2.5

最小のドライアイスパック(kg)

...どのような新製品を開発できるか...

突破口を開く: 新たなロジスティクス ソリューション

輸送の難しさから、ドライアイスは伝統的にまとめ買いの大口販売しか行われておらず、少量販売の対応はできていませんでした。 そこが、マイクとクリスが埋められると考えた市場の空白地帯でした。

主要な問題は梱包にあったため、2人はドライアイスを出荷するためのカスタマイズされたシステム開発に取り組んだのです。 同社の梱包システムが、国内と海外の両方のサプライチェーンで安全に使用できることを確認するために、彼らはDHLと連携し、安全ガイドラインに沿った新しい梱包ソリューションを開発しました。

「小さな箱に納めることなんて、簡単に思えるかもしれません」とマイク・アーシは語ります。「でも、とても複雑なプロセスなんです」。

Chillistickにとって最初の小口顧客に、研究開発目的で5kgのパックを出荷しました。 最初の顧客に出荷して以来、このドライアイス サプライヤーは飛躍的に成長。今では年間配送件数は15,000件にのぼり、数トンもの産業用から、2.5kgの小さなドライアイス パックまで幅広く対応しています。

梱包ソリューションの開発は、新たな市場への扉を開きました。この成功をきっかけに、マイクとクリスは再び技術開発に集中するため実験室に戻りました。 少量のドライアイスを安全に輸送できるようになった今、彼らはどんな新製品を開発するのでしょう? ほどなくして、彼らはさまざまな特許製品の生産を始めました。

マイクとクリスが実験室に戻ったことが、The Chillistickの誕生につながりました。

新たな市場の創出:The Chillistickの誕生

マイクとクリスが実験室に戻ったことが、ドリンクやカクテルにドライアイスを安全に使えるようにする、"The Chillistick" の誕生につながりました。内部はドライアイスで満たされており、ドリンクの中に沈めるとすぐに泡立ち、濃密で印象的な白い煙を発生させます。この白い煙は小さな水滴でできており、自然界で発生する霧のようなものです。特許取得の技術と食用のドライアイスを使用することで、安全性を確保しています。

The Chillistickは、もともと霧の効果を販促キャンペーンに用いたいと考えていた大手の蒸留酒ブランドのために開発されました。このキャンペーンの成功後、無限の可能性を感じたChillistickは、ドライアイスが生み出す素晴らしい効果を利用した他の製品に目を向けました。ドラマチックな効果や楽しさの創造が、主要なセリングポイントになったのです。

それ以来、共同創業者であり問題解決に挑み続けるクリスとマイクは、研究開発に没頭しています。Chillistickは、今では「スモーキング」ショットグラスやシャンパンクーラー、学校向けの化学実験セット、ハロウィン用ホームパーティーセット、子供たちのパーティーなどのイベント用の製品まで、幅広いドライアイス製品を提供しています。

少量のドライアイス輸送用の新しい梱包ソリューションを開発したChillistick。その成功は、彼らが秘めていた可能性のごく一部に過ぎなかったのです。

グローバルなEコマースが加速するクリックに応えるために、DHLがどのようにサポートしているかご覧ください。