#越境ec

ECサイトを最適化する15のヒント

Vivien Christel Vella
Vivien Christel Vella
4 min read
共有
facebook sharing button
twitter sharing button
linkedin sharing button
Smart Share Buttons Icon 共有
woman packing parcels
This article covers
Eコマースの成功事例から学ぶ、オンラインビジネスを最大化する方法
ECサイトを最適化するためのヒント

ECサイトユーザーの約7割が商品購入前にオンラインカートから離脱していることをご存知ですか1?ページの読み込み速度が遅いという単純な理由がユーザーの不満を誘発し競合他社に流れてしまう可能性があります

Euromonitor Internationalのレポートによると、2024年には消費者はオンラインによる商品やサービスに対して11兆ドルを費やすと予測されています2。この膨大な市場でビジネスを成功させるために、15のヒントを参考にECサイトを最適化することをおすすめします。

ECサイトを最適化する15のヒント

1. ウェブサイトの読み込み速度を改善する

調査によると、ウェブサイトの読み込み時間が1秒長くなるごとに、ユーザーの反応率が低下することがわかっています3。テキストや画像の圧縮、使用していないプラグインの削除、プロバイダの変更などによって、ウェブサイトの読み込み時間の短縮を図りましょう。高速なウェブサイトはGoogleの検索エンジンランキングで上位に表示される可能性が高くなるというメリットもあります。

2. 魅力的なホームページを作成する

Eコマースにおいて、ホームページのデザインは非常に重要です。魅力的でブランドの利点を明確に伝える必要があります。ただし情報を過剰に詰め込みすぎないようにする注意も必要です。情報過多なウェブサイトはユーザーにとってわかりにくく、直帰率が高まります。ユーザーが探しているものが簡単に見つけられるよう、サイト内に検索窓の設置と人気商品の写真を用いて、ユーザーの興味を惹きつける工夫も必要です。またポップアップ広告は最小限に抑えましょう。

laptop screen with Google search on it

3. サイト内検索を改善する

サイト内の検索機能を利用するユーザーは、購入に至る可能性が3倍高くなると言われています4。サイト内検索は、AI(人工知能)を使ってさらに向上させることができます。AIを活用した検索ツールはユーザーの好みを分析することで、意図をより正確に理解し、高度にパーソナライズされた検索結果を提供することができます。

4. 高解像度の画像を使用する 

ユーザーが購入前に商品を正確に理解することができれば、返品の可能性が低くなります。ECサイトには高解像度の写真を掲載し、AR/VRツールを活用してより商品の詳細を伝えることも検討してみましょう。商品の使い方の動画も効果的です。これによりユーザーは購入前に商品を具体的にイメージできるようになります。

5. 送料無料を提供する

送料無料は、ネット通販で購入するユーザーにとって大きな決断要素です。DHLの「グローバルオンラインショッパー調査」によると、回答者の多くは「送料無料」がECサイトの運営において、最も効果的な方法として挙げています。もしすでに送料無料を提供している場合は、ホームページやウェブサイトのヘッダーなどで積極的にアピールすることをおすすめします。

6. AIは優れたカスタマーエクスペリエンスマネージャー

AIを搭載したチャットボットは、ユーザーの問合せを理解し、迅速に求めている情報を提供することが可能です。AIチャットボットは、ユーザーの過去の購買行動を分析し、好みの商品提案や関連商品のアップセルやクロスセルを促進したりすることができます。また発送した商品の追跡や返金に関するアフターサービスも提供が可能です。チャットボットは24時間365日利用可能なため、ユーザーは待たされることなくサポートを受けることができます。

woman swiping on a laptop

7. ECのパーソナライズ化に注力する

パーソナライゼーションはネット通販ユーザーにとって最も重要な要素の一つであり、そのためにAIは非常に貴重な存在です。AI技術は、好みや行動など大量のデータを分析し、その分析結果からユーザーの意図に基づきパーソナライズすることが可能です。例えば、ウェブサイトを訪れた新規ユーザーと既存ユーザーは異なるサイトが表示されます。個別のニーズに合わせてカスタマイズされて、コンバージョンの向上に効果をもたらします。

8. ユーザーレビュー掲載

TrustPilot5の調査によると、世界の消費者のうち89%がオンラインでの商品購入過程で口コミをチェックし、そのうちの49%は、ポジティブな評価をトップ3の商品購入に影響したと考えています。つまりウェブサイトに多くのユーザーレビューや評価、コメントを積極的に掲載することがブランドの信頼構築に寄与します。信頼できる情報を得てユーザーが安心して商品購入を進められるようにしましょう。

9. ECサイトのセキュリティを高める

Byamard Institute6の調査によると、ネット通販ユーザーの25%が、ウェブサイトのクレジットカード処理が信頼できないという理由で商品の購入を中止したと報告しています。ユーザーの安心感を確保するためには、データ保護ポリシーを明確にし、SSL証明書(サイト運営者の実在性を証明し、通信データの暗号化を行うための証明書)を取得し表示することが重要です。

10. モバイル対応・最適化する

2023年、ネット通販で決済された2/3はスマートフォンによるものでした7。すなわちウェブサイトはモバイルに最適化することが非常に重要となります。これには、コンテンツや入力フォームをシンプルにすることが含まれます。一般的にパソコン画面と比較すると、モバイル画面は小さいため、ユーザーが多くの情報をフォームに入力しストレスとならないよう扱いやすくする工夫が必要です。

man stamping on paper

11. 追加料金を明確に表示する

購入の最終段階で追加料金が表示されることは、誰もが望みません。実際、「予想外の送料」は、ECサイトのカゴ落ちの主な原因の一つとされています8。ユーザーが安心してショッピングを続けられるよう、すべての料金情報(税金や関税手数料等を含む)を明確に提供しましょう。

12. ウェブサイトを多言語化することで海外のユーザーを囲い込む

海外へ販売を行う場合、展開する国の言語でウェブサイトを準備することがとても重要です。DHLの「グローバルオンラインショッパーサーベイ」によると、ユーザーが自国の言語でウェブサイトを閲覧することや自国通貨での価格を表示する機能を望んでおり、越境ECを促進するための重要な要素となります。

13. 支払いオプションを提供する

Statistaのグローバル調査によると、ネット通販をするユーザーの40%が、支払い時の選択肢の少なさがカゴ落ちしてしまう主な理由だと挙げています9。そのため、チェックアウト時にデジタルウォレットや後払いサービスなど、さまざまな支払オプションを提供することが大切です。

hand typing on laptop

14. 明確な返品ポリシーを提示する

商品の返品は手続きが煩雑かもしれませんが、避けることはできません。事実、ユーザーの67%が商品購入前に返品ポリシーを確認するとされています10。したがって、ウェブサイト上で明確に返品ポリシーを伝えることが非常に重要になります。

15. 最適化へ向けた繰り返しテストを行う

ウェブサイトの弱点を把握することで、ECサイトを最適化することができます。Googleアナリティクスを通じてユーザーの滞在時間や直帰率、エンゲージメントなどを分析することで改善すべきポイントを特定し、そして繰り返しテストを行い常に最適化していくことが必要です。

 

ECサイトが継続して最適化され、増加していく受注に対応するには信頼できる輸送が必要になります!国際輸送のエキスパートであるDHL Expressは、これまでの経験とネットワークを活かして世界中のユーザーへシームレスに商品を届けるサポートを提供します。