#ロジスティクスアドバイス

2024年、サステナブルな物流のトレンド

Leendert van Delft
Leendert van Delft
DHLのセールス、マーケティング分野のスペシャリスト。サステナブルで環境にやさしい物流について幅広い知識を持つ。
5分で読めます
共有
facebook sharing button
twitter sharing button
linkedin sharing button
Smart Share Buttons Icon 共有
man and woman in hard hats looking at solar panels

サステナブルな物流とは?それはなぜ事業経営において重要なのでしょうか?お客様が2024年にサステナブルな変革を行い、コストと効率の改善、そして社会的評価得る方法について説明します。   

サステナブルな物流とは?

まず、物流とはどのようなものなのか簡単に復習しましょう。物流は商品を原産地から消費者のもとに届けるまでのあらゆるプロセスに関与しています。調達、在庫管理、流通、倉庫保管、輸送、梱包、そしてそのリスク管理などが含まれます。

物流におけるサステナビリティとは、このようなプロセスの環境への影響を低減するために企業が実行する手段のことを指します。たとえば、カーボンオフセット(カーボンオフセットについてはこちら(英語のみ))、輸送ルートの最適化(炭素排出量の低減)、電気自動車への切り替えなどがあります。

物流におけるサステナビリティとサプライチェーンマネジメント

man and woman packing items for shipping

物流は広範なサプライチェーン内で、企業が直接的に管理できる部分です。ある調査1によると、企業のGreen Supply Chain Management活動(温室効果ガスの排出、リサイクル、廃棄、再生可能エネルギーの活用など)と収益性は相関する関係にあり、リソースを投資すべき重要な分野と言えます。

物流におけるサステナビリティの重要性

欧州の環境機関は、効果的な対策が講じられない限り、2050年までに物流が世界の二酸化炭素排出量の最大40%を占めるようになるだろうと予想しています2

この憂慮すべき予測を変えるために役割を果たすためだけでなく、お客様が環境にやさしい物流を検討すべき理由は多くあります。

消費者からの注目

McKinsey社の調査3によると、回答者の66%は商品を購入する際にサステナビリティを考慮し、自分の価値観と優先事項に合ったブランドを選ぶと回答しています。

その一方で、「グリーンウォッシュ(=実態がないのに環境によい商品であることや、環境に配慮していることを装うこと)」にも警戒心を抱いており、別の調査ではZ世代の88%が企業のESG(環境・社会・ガバナンス)の主張を信じていないという回答をしています。このため、ブランドのイメージを向上させて競争力を得るには、正しいサステナビリティ戦略を構築することが鍵になります。

person scanning price tag

効率の改善と経済的節約

サステナビリティ戦略は、企業が革新性と俊敏性の文化を築き上げる上で効果的です。現在の物流を見直すことで、非効率な部分を見つけ、環境によいだけでなく経済的にも節約にもつながる変化を生み出すことができます。たとえば、輸送車両全体でルート最適化ソフトを使うと、二酸化炭素排出量を減らすとともに燃料費も抑えられます。これぞまさにウィン・ウィンです!

効率を向上させ、その過程でコストを節約できます

サステナビリティ戦略は、イノベーションとアジリティの文化をビジネスに取り入れるのに役立ちます。現在の物流業務を見直し、非効率性を特定し、環境に良いだけでなく、ビジネスコストを節約する変更を加えることができます。たとえば、輸送車両全体にルート計画ソフトウェアを実装することで、排出量  燃料費を削減できます。それは双方にとって好都合です!

two men in hard hats looking at a wind farm

物流におけるサステナビリティのトレンド

物流でサステナビリティを追及する方法とは?世界中のあらゆる業界でこの問題がフォーカスされる中、企業が取り入れることできる主要なトレンドが明らかになっています。

トレンド1:脱炭素

脱炭素は、カーボンフットプリントを減らすために企業が実施できる手段です。カーボンフットプリントとは、企業活動によって直接的または間接的に排出される温室効果ガスの総量のことです。現在、輸送・物流部門は、世界の二酸化炭素算定排出量(CO2e)の24%前後を占めており、実行すべき対策はたくさんあります。

「ネットゼロ」という言葉を聞いたことがあるでしょう。これは、生成される温室効果ガスの量と、大気から取り除かれる量の差を表します。お客様のビジネスがネットゼロの達成をめざして実行できる脱炭素の取り組みをいくつかご紹介します。

  • カーボンフットプリントを向上させる最初のステップは、現状を把握することです。そこから改善目標を設定します。DHLグループのGoGreen Dashboardを使うと、以下3つのエリアにおけるカーボンフットプリントの全体像を把握できます。1つ目は直接的な排出量、2つ目は電気・ガス関連の排出量、そして3つ目は企業のチェーン全体での間接的な排出量です。
  • カーボンフットプリントを減らすためにどういう取り組みをしているのかサプライヤーに尋ねてみましょう。もしサプライヤーが十分な対策を講じていなければ、代わりとなるパートナーを探した方がいい場合もあります。
  • 同様に、ウェブサイトの環境ポリシーでお客様のビジネスが違いを生み出すために何をやっているのか、消費者にPRしましょう。
  • GoGreen PlusについてDHLに相談してみましょう。これは、SAF(持続可能な航空燃料)を使用することで輸送に関連する二酸化炭素排出量を減らし企業を支援する環境ソリューションです。SAFは、植物油や動物脂、廃棄物、農産物など再生可能な資源から作られたバイオ燃料です。従来のジェット燃料の代替として、化石燃料に比べ温室効果ガスの排出量を最大80%削減することができます。GoGreen Plusは、個々の発送で選択でき、出荷量の多くない中小企業やEコマース企業にとって、実現可能なオプションになります。
  • 電気自動車(EV)を導入している物流会社を選びましょう。たとえば、DHLはEVネットワークに多大な投資を行っており、2030年までにラストマイル配送車両の60%を電気自動車にする計画です。

トレンド2:エネルギーソリューション

再生可能エネルギーソリューションを採用することは、脱炭素戦略において重要な部分を占めます。再生エネルギーは、天然資源に由来し、消費よりも速く補充できるエネルギーです。たとえば、化石燃料の代わりに太陽光や風力を使用することが奨励されています。2024年までに世界の電力のほぼ33%が再生可能エネルギーによるものになると予想されています6。持続可能エネルギーソリューションでは、次のようなものを検討してみましょう。

  • 「グリーン」エネルギーを導入しているサプライヤーに替えること。これは、水力や風力のような再生可能資源を介して提供される電力を活用している事業者をパートナーにしましょう。
  • 自社の敷地がある場合は、屋根にソーラーパネルを設置することを検討してください。二酸化炭素を発生させないクリーンで無料の電力を生成でき、社内で活用できます。
  • どのエネルギーを利用可能か調べてみましょう。EV充電ステーション設置などの費用をまかなえるよう小規模企業向けに専用の補助金を用意している政府もあります。
  • シンプルながらも効果的な省エネ策は、夜間や未使用時にはすべての機器の電源をオフにすることです。電気料金も低減できます!

トレンド3:AIイノベーション

人工知能は、企業が物流のサステナビリティを変革できるよう支援する上で大きな役割を果たしています。この分野では次のようなソフトウェアを利用できます。

  • 需要予測:AIを利用した在庫管理ソフトウェアは、過去の顧客データと市場のトレンドを分析し、企業がより正確に在庫ニーズを予測できるよう支援します。これにより、無駄になる在庫を減らし、保管スペースを最適化することができます。
  • ルートの最適化:1日に複数の宛先に配達する場合は、AIが最も効率の良いルートを支援できます。距離、リアルタイムの交通状況、車両の大きさ、配達時間枠といった要素を考慮に入れ、燃料排出が減るとともに、顧客満足度を維持できます。
  • 倉庫内でエネルギーを無駄にしているエリアを特定:AIはビジネスのデータを分析し、古くて過剰なエネルギーを使っている装置など業務内の非効率な部分を見つけられるようにします。このようなインサイトを活用すれば、必要な修正を行うことができます。

リバースロジスティクスにおけるサステナビリティの取り組み

リバースロジスティクスは、サプライチェーンの「上流」に向けた物の輸送、つまりエンドユーザーから小売業者または製造業者に戻すことです(返品など)。ここでは循環経済モデルを使用し、リサイクル、用途変更、修理、再販を通じて古い商品や損傷した商品のライフサイクルを伸ばすことができます。

革新的なリバースロジスティクス戦略を定めているブランドの一例として、ファッション小売のH&M7が挙げられます。同社が行っている衣類回収プログラムでは、顧客に要らなくなった服を店舗に持ってくるよう奨励しています(どのブランドでも構いません)。そこから衣類は中古品として再販されるか、リメイクされられるか、もしくは細かく裁断して新たな製品を作るための繊維になります。

リバースロジスティクスについては、こちらの記事をご覧ください。取り組みに関するアイデアを得られます。    

DHLは、物流に関連する二酸化炭素排出量を2050年までにネットゼロにすると宣言しています。DHL Expressの法人アカウントのお申し込みで、GoGreen専用ソリューションを利用して、フットプリントを低減することも可能です。